遠くへゆく君を止める術を知っていたら
迷いもなくその矢を放っただろう
痛みのない優しい光のように
その羽を折り僕の腕へと落下させただろう

また求めるだろう あの空を
でも僕を嫌ったりはしないのだろう 優しいから
そして僕は涙を流し
君の羽をを癒してしまう・・・

あぁ、どうか神様
僕の痛みをあげましょう
だから彼女の記憶から
あの綺麗な空を消してください
僕はその彼女を見て
胸の痛みを必死で抑えて
そばで笑うと誓います・・・
[PR]
# by rupiaria | 2006-07-17 16:18 | 痛み

ゴム

また日が廻る
その度に君が離れゆく時間が近づいてくる
なのに僕らは進もうとする
進行方向の違う時間を僕は
まるで背中に張り付いたゴムのように思う
君へ走っていけばいくほど
伸びて縮もうとする力が強まって
醜く這い蹲って踏ん張って
それでも声が届くように
それでも手が届くように
必死に向こうの君へと走り出す
どんなに引き離す強くなったとしても
手を取り強く抱きしめれば
決して解けないと信じているから・・・
[PR]
# by rupiaria | 2006-07-16 01:55 | 強い気持ち

君の色

俺の人生を巻物にしてみたら
今の部分はきっと
君の色でいっぱいなんだろうな
その前まで真っ白に黒ずんだ点くらいしか映ってなかったのに
今は君の色が隅々まで広がって
ほかの事を書く余白すら残させてくれない
でも、最初は一つの点から始まったんだ
そして、君色の絵の具は
どこでなくなってしまうんだろう?
ちゃんと継ぎ足して、最後のは端まで
それこそ薄く伸びきった細い線でも
途切れないで、そのまま伸びきってくれるのだろうか?
[PR]
# by rupiaria | 2006-07-16 01:54 | 強い気持ち